うつ病の症状

うつ病とはどのような病気なのか

うつ病だと自覚するのは、簡単なことではありません。 古くから残っている偏見のせいで、うつ病にかかっている人の多くが症状に気がつかないまま辛い日々を送っているのです。 症状を確認するには、2週間以上その状態が続いているかどうかで判断すると言われていました。 しかし、現在は簡単に自己チェックできるようになりました。 長い間辛い思いをするよりも、少しでもおかしいと感じたらセルフチェックで自分の症状を確認してみて下さい。 まず一番わかりやすいのは、眠れない日が続いたり、体の倦怠感で動けない日があったり、疲れやすくなったりすることです。 それから、微熱が続いたり、頭痛があったりと風邪に似た症状となって出ることもあります。

自己チェックで症状を確認しよう

食事をするのが億劫になって味を楽しめなくなったり、趣味への関心が薄れるのも症状の一つです。 それに伴ったものとして、仕事中に集中力が途切れたり、家事や育児に対しても常に不安がつきまとうようになります。 以上の点をチェックして、自分がいくつ当てはまっているのか確認してみましょう。 いくつもの項目に該当するようなら、うつ病の疑いがあります。 現在は薬やカウンセリングの発達によって、早期治療で治るまでの期間を短縮することもできますし、症状を軽くすることもできます。 症状が重くなる前に、早めの心療内科受診をおすすめします。 うつ病は誰でもかかる可能性のある病気であり、気持ち次第で治るようなものではありませんから、決して偏見を持ってはいけません。 自己チェックで早期治療を心がけて下さい。

チェックするには色々な方法がある

まず一番簡単にうつ病のチェックを行う方法は、インターネットを利用することだ。 それには「うつ病、チェック」と検索するだけで、多くのサイトが見つかると思う。 これらのサイトでチェックして、該当した場合は一度心療内科を訪れるのが良いだろう。 あと、うつ病の専門書などにもチェック欄が載っているので利用するのも一つの方法だ。 最後はこれが一番確実な方法なのだが、直接心療内科で一度カウンセリングをしてもらうことだ。 確かに費用がかかるが、間違いない診断をしてくれるのはやはり専門家の先生だと思う。 確かに心療内科の門をくぐるにはなかなか勇気がいるものだが、しっかりとカウンセリングをしてもらうことで、うつ病が早く治ると思えば、そのくらいの勇気はわいてくるだろうと思う。